【潜入取材】司法書士の求人サイトならリーガルジョブボードがダントツにおすすめな件

事務所転職
PVアクセスランキング にほんブログ村

今回はリーガルジョブボードの司法書士担当の方への取材が実現しました!

リーガルジョブボードと言えば司法書士専門の求人サイトで、このブログでも度々ご紹介していましたが、会社に訪問して直接お話ができる機会をいただけたのは大変光栄な事でした。

この記事を書いた私のプロフィールはこちらです。

司法書士事務所に勤めながら5回目の試験で合格しました。

リーガルジョブボードに潜入取材して色々伺ってきました

2022年10月某日リーガルジョブボード本社。

リーガルジョブボードエントランスの看板

今回インタビューするのは、リーガルジョブボードの司法書士専門の転職エージェント「松原さん」と「稲田さん」。

お二人はこれまで、約500人の司法書士の転職相談に乗ってきたそうです。

そんな松原さんと稲田さんに、リーガルジョブボードについて洗いざらい聞いていきたいと思います!

ハロウ先生
ハロウ先生

こんにちは。

ハロウと言います。

今日はお時間を作っていただきありがとうございます!!

松原さん
松原さん

ハロウさんこんにちは。

今日はお越しくださいましてありがとうございます!

ハロウ先生
ハロウ先生

いろいろお話をお伺いするのでよろしくお願いします!

稲田さん
稲田さん

お答えする稲田です。

よろしくお願いします!

Q.他の求人サイトにはない、リーガルジョブボードの特徴は?

ハロウ先生
ハロウ先生

早速ですが、ずばりリーガルジョブボードは、他の求人サイトと何が違いますか?

稲田さん
稲田さん

司法書士業界の構造を熟知している転職エージェントのみ、在籍している点です。

司法書士になる方々は、異業種からキャリアチェンジするケースが大多数なので、司法書士業界にあまり詳しくない方が多いんですよね。

そういった方々に、例えばですが「司法書士の王道キャリアステップ」「今主流の働き方」といったトレンドも踏まえた上で転職相談を承れるのが、我々の最大の強みだと思っています。

ハロウ先生
ハロウ先生

他サイトなら単純な求人提案で完結してしまうところを、リーガルジョブボードなら司法書士の業界事情や風習も踏まえた上で転職相談に乗ってくれるんですね!

司法書士業界は何とも言い表しにくい「異質さ」みたいなものが存在するので、そういったところを理解してもらった上で相談に乗ってもらえるのはとても心強いように感じました。

 

実際に司法書士業界の転職についてどんな印象を持たれましたか?

稲田さん
稲田さん

司法書士業界の転職はミスマッチが多く存在すると感じました。

その要因を考えると、求職者の方が事務所を探しずらい環境にあり、事務所様側も「雇ってもいずれは独立してしまう」という慣習からあまり待遇の良くない採用条件になってしまっている事だと分析できます。

ハロウ先生
ハロウ先生

確かに。

かつては司法書士の求人といえば書士会のHPくらいしか有ませんでしたからね。

そして司法書士の業界はとても閉鎖的なので、一昔前までは「〇〇歳以下」とか求人で大々的に謳っていたり、社会保険や年金がグレーな事務所はたくさんありました。

稲田さん
稲田さん

そのためリーガルジョブボードでは事務所の掲載数にはかなり力を入れています。

一方で事務所様に対しては、求人の方法や採用条件などが適切でない場合には私たちから事務所様へアドバイスする形でサポートさせていただいております。

ハロウ先生
ハロウ先生

私の感覚ですが司法書士の就職環境10年前と比べて遥かに良くなったと感じています。

リーガルジョブボードさんが司法書士業界の就職環境を陰ながら支えていただいていることは今回の取材で私も初めて知ることができました!

\ 登録カンタン1分 /

Q. 掲載事務所数は?

ハロウ先生
ハロウ先生

先ほど話にも挙がりましたが、転職系のサービスとなると掲載されている事務所数が大きなポイントになると思います。

掲載事務所数はどれくらいあるのでしょうか?

稲田さん
稲田さん

実際に弊社のHPにある「司法書士の求人・転職・募集情報」をご覧いただけるとリアルタイムの数字が載っていますが約300事務所ほど掲載があります。

ハロウ先生
ハロウ先生

凄いですね!!

全国からこれだけの司法書士事務所の求人を掲載しているサイトは他にないと思います。

なお、HPを見てみると直接応募求人エージェント求人という言葉が見られますが、これらの違いは何ですか?

稲田さん
稲田さん

直接応募求人は、通称ダイレクトリクルーティング(DR)で、求職者の方が事務所の採用担当者との直接のやり取りで転職活動を進められます。

多くの事務所様の掲載があるリーガルジョブボードだからこそ見つけられる事務所やスピーディーな転職活動をすることができるのがメリットです。

一方、エージェント求人は、私たちエージェントが求職者の方の転職をサポートします。

事務所に入る前のミスマッチを減らすことができるのが大きなメリットです。

ハロウ先生
ハロウ先生

なるほど。

直接応募求人は「色々な事務所を自分のペースで探したい」という人に向いていそうですね。

そして、エージェント求人は「司法書士業界で初めて働く人」「直接事務所に対して給与や残業を聞きにくい」という人に向いていそうですね!

Q. リーガルジョブボードの強みやおすすめポイントは?

ハロウ先生
ハロウ先生

リーガルジョブボードの他にはない強みを是非教えてください!

稲田さん
稲田さん

先ほどもお話ししましたが、事務所掲載数には自信があります。

ハロウ先生
ハロウ先生

確かに、これだけの司法書士だけの求人を全国から掲載しているサイトは他にありません。

しかも実際にリーガルジョブボードのHPにある事務所の求人を見てみると「注目ポイント」のように他のサイトにはない作りになっていますね。

稲田さん
稲田さん

私たちは、掲載する事務所様に事前にアポイントを取って実際に事務所を見に行ったりしています。

なので、実際に事務所に行った雰囲気や代表者の方の人柄などもお伝えするようにしています。

ハロウ先生
ハロウ先生

それはめちゃくちゃ良いですね!!

求職者に近い視点から聞ける情報は貴重ですね。

稲田さん
稲田さん

事務所様から提出いただいた掲載文をそのまま載せるだけでは書士会の求人と変わらないですからね(笑)

ハロウ先生
ハロウ先生

確かに(笑)

他にリーガルジョブボードのおすすめポイントはありますか?

稲田さん
稲田さん

おすすめで言うと合格祝賀会合同説明会を開催しています!

新型コロナの影響で従来は司法書士試験の合格後に行われる中央研修などがオンラインになってしまった影響で合格者同士の繋がりを作るのが難しくなってしまいました。

なので、できるだけ「リアル」で合格者同士が交流できる場を提供できないかと考え力を入れています。

合格祝賀会の様子。はたくさんの合格者が参加しています。

出典:リーガルジョブボードHP

合同説明会は数多くの司法書士事務所が合格者のために集まってくれます。

出典:リーガルジョブボードHP
ハロウ先生
ハロウ先生

凄いですね!!

合格者同士の繋がりはとても大事ですが、実際に会う機会が減ってしまうと繋がりも減ってしまいます。

合格者もそういったリアルで繋がれる機会を積極的に求めているので私たちにとってすごくありがたい場を提供してくれていると思います!

まだ間に合いますので、他の合格者に乗り遅れないよう今すぐチェック!!

\ 2022年11月19日開催!! /

\ 2022年10月・11月・12月開催!! /

Q. 実際にリーガルジョブボードに登録する人はどれくらい?

ハロウ先生
ハロウ先生

リーガルジョブボードに登録する人はどれくらいか具体的に教えてもらうことは可能ですか?

稲田さん
稲田さん

詳細なデータは申し上げられないのですが、例えば合格シーズンで言うと、毎年この時期だけでも数百人の方にご登録していただいております。

ハロウ先生
ハロウ先生

そ、そんなに!?

数百人単位だと、毎年の司法書士試験の合格者が600名前後なので、かなりのシェアですよね!!

先ほどリーガルジョブボードは直接応募求人エージェント求人があるとのことでしたが、どちらを利用される方が多いですか?

稲田さん
稲田さん

エージェント求人を利用される方が圧倒的に多いです。

司法書士業界で初めて働くという方が多いので、そういった方から特にご支持をいただいております。

ハロウ先生
ハロウ先生

司法書士業界で働いたことがない人だと給与相場や残業の多さがわからないと思います。

いざ働いてから「この事務所は違うな」とならないようにエージェント求人を利用するのが賢い選択ですね!

Q. 申し込みが多い時期は?

ハロウ先生
ハロウ先生

登録の申し込みが多い時期はやっぱり合格発表直後でしょうか?

稲田さん
稲田さん

はい。

筆記試験の合格発表直後から最終合格発表までの時期が1番登録が多いです。

ですが、司法書士試験に合格後、今現在事務所に勤めている方の転職希望も多いので、1年を通して登録してくださる方は多いです。

ハロウ先生
ハロウ先生

登録する人が多くいるということは、それだけ自分の希望する事務所の求人が他の人に決まってしまう可能性も高くなるから早めに登録したほうがよさそうですね。

\ 登録カンタン1分 /

Q. 司法書士の担当の人は何人?

ハロウ先生
ハロウ先生

司法書士の転職の相談に乗っていただける担当の方は何名いらっしゃいますか?

稲田さん
稲田さん

6名おります。

ハロウ先生
ハロウ先生

6名いらっしゃっても合格発表前後などは忙しいんじゃないですか!?

稲田さん
稲田さん

ありがたいことにめちゃくちゃ忙しいです(笑)

ハロウ先生
ハロウ先生

ちなみに、エージェントの方はどう決まるのですか?

選べたりするんですか?

稲田さん
稲田さん

担当は任意に振り分けています。

エージェントは登録フォームの備考欄に記載していただければ選ぶことはできます。

Q. リーガルジョブボードの事務所に来る必要がある?

ハロウ先生
ハロウ先生

こんなに綺麗なオフィスなら是非こちらに来て相談をしたいところですが、住んでいる場所によってはこちらに来るのが難しい人もいると思いますが、その場合はどうですか?

稲田さん
稲田さん

もちろんこちらに来ていただいてご相談もできますし、電話メールのやり取りでもご相談される方はたくさんいらっしゃいます。

ハロウ先生
ハロウ先生

そうなると全国どこからでも相談できますね!

Q. 悩んだらまず登録でもいい?

ハロウ先生
ハロウ先生

事務所選びに困っている合格者や有資格者もいると思いますが、「悩んだらまずは登録」という気持ちでもいいですか?

稲田さん
稲田さん

もちろんです。

私たちの方で無理な就職支援をすることは一切ありませんし、登録して「どんな求人があるかな?」と見てみるだけでも大歓迎です。

司法書士業界が初という方は、不安だったり何がわからないかという事もわからない状況にあると思いますので、どんな些細なことでもご心配されず相談していただければ嬉しいです!

ハロウ先生
ハロウ先生

事務所を探す側の人たちは一切料金がかからないので、司法書士試験合格者が事務所探しをするならリーガルジョブボードに登録しない理由はないですね!

\ 登録カンタン1分 /

Q. 最後に、これから司法書士として活躍する人へのメッセージをお願いします!

ハロウ先生
ハロウ先生

それでは最後に、これから司法書士として活躍する人へメッセージがあればお願いします!

稲田さん
稲田さん

司法書士試験合格おめでとうございます!!

司法書士試験に合格後の事務所選びは「キャリアアップ」の1つだと思います。

私たちは単なる求人サイトとしてではなくあなたのキャリアアップのサポートをする事が目標です。

私たちと一緒に悔いのない事務所選びをしましょう!!

ハロウ先生
ハロウ先生

リーガルジョブボードの皆様、本日はお忙しい中取材にご協力いただき本当にありがとうございました!!

記念に写真をパシャリ

今回の取材でインタビューに答えてくださった稲田様
今回の取材の段取りをさせていただいた松原様

相談ブースもめっちゃキレイ

相談ブース1 撮影者:ハロウ
相談ブース2 撮影者:ハロウ

\ 登録カンタン1分 /

司法書士の求人サイトならリーガルジョブボードがダントツにおすすめな理由

今回のリーガルジョブボードへの取材から以下のおすすめポイントが見えてきました。

✅リーガルジョブボードのおすすめポイント

  • 求職者にかなり寄り添ってくれている
  • 司法書士業界の「特異さ」を理解してくれている
  • 求職者にはメリットしかないのに完全無料

求職者にかなり寄り添ってくれている

何といっても1番に感じたことは求職者にとても寄り添ってくれているという事。

そもそも直接応募求人とエージェント求人が分けてある事からもそれが読み取れます。

一般的に転職エージェントは求職者を転職させてナンボの世界です。

つまりエージェントを通して転職してもらうことが会社の1番大きな利益になるという事です。

しかしリーガルジョブボードでは転職エージェントのみではなく、直接応募求人もあり求職者に選択の余地を与えてくれます。

これはめちゃくちゃ求職者に寄り添ったサービスであると言えます。

更には合格者の交流の場を積極的に作ってくれることも大きなポイントです。

司法書士業界の「特異さ」を理解してくれている

実はこれもすごく重要なことで、司法書士業界では長らく働く人がかなり不遇の就労条件にあったという過去がありました。

給与や残業、保険・年金など一般の会社であれば当然に整っているものが無かったりしました。

司法書士の業界は閉鎖的であると私は何度もお伝えしていますが、それは働く人も同じで、あまりに閉鎖的すぎて「自分の働いている環境が良いか悪いか」を比べる事ができずにいました。

それは求人サイトがあまりなかったことや、相談する相手がいなかった事が原因であると考えられます。

私自身、司法書士事務所で働きながら司法書士試験を目指していましたが、「自分に合った事務所だったか?」と問われると、今の立場ならノーであったと答えます。

それでも事務所を変えずにいたのは「他の事務所がもっと酷かったらどうしよう」とか「自分なんかを雇ってくれる事務所は他にあるのだろうか」といった不安から探す事さえしないでいました。

リーガルジョブボードではかつての私のよう司法書士の転職に悩んでいる人の存在にいち早く着目し、司法書士業界の転職のミスマッチを解消するサービスをしてきたからこそ、求職者にも事務所側にも支持されて業界トップクラスになったのだと感じました。

求職者にはメリットしかないのに完全無料

もうこれは驚きとしか言いようがないです。

今時一般職の求人でさえ求職者が登録料を支払う時代ですが、これだけたくさんのメリットがあり質の高いサービスを提供してくれているにも関わらずリーガルジョブボードでは登録から就職成功まで完全無料です。

求職者は1円も出す必要がありません。

司法書士合格者にとってデメリットが一つも無いのです。

実際にサービスを紹介する私もいくらリーガルジョブボードが良いサービスを提供してくれてると言ってもこのブログを読んで貰っている人にお金を出させる場合にはちょっと躊躇いが生じるのが正直なところですが、完全無料となるとさらに自信を持っておすすめする事ができます。

むしろ司法書士試験合格者であれば、リーガルジョブボードを登録しない理由は無いのではないかと感じるほどおすすめできるサービスになっています。

\ 登録カンタン1分 /

まとめ:失敗しない司法書士事務所選びをしたいならすぐ行動

今回はリーガルジョブボードに取材して色々インタビューした内容をご紹介しました。

リーガルジョブボードは司法書士の転職において間違いなくトップクラスです。

それは求職者に寄り添ったものであり、質の高いサービスが多くの司法書士の転職を成功させた実績が証明してくれています。

しかし、リーガルジョブボードがどんなに良いサービスを提供してくれていてもあなた自身が行動しなければ何の意味もありません。

転職というのはいわば「ミズモノ」でありタイミングが重要です。

あなたがいち早く行動すれば確実にそのタイミングを逃さなくなります。

今こうしている間にも本当はあなたが1番合う事務所が他の誰かに決まってしまう可能性があります。

これは脅しやオーバーな表現ではなく私もそういうタイミングで明暗を分けた司法書士を見てきて、あなたには失敗してほしくないからこそ強く訴えさせてもらっています。

私だけが言っているのではなく、実際にリーガルジョブボード様より「即登録OK」のお墨付きも頂きましたので、是非この機会に登録してみてはいかがでしょうか?

あなたの今の行動で素晴らしい司法書士人生が送れる事を心から願っています!!

\ 登録カンタン1分 /

コメント