【コース別】司法書士通信講座の厳選8社を費用の安い順にランキング

資格取得
PVアクセスランキング にほんブログ村

司法書士の通信講座の費用を調べようとしたときに、各スクールのHPを見ようとすると、次のような問題があります。

司法書士の通信講座のわかりにくい点

  • ホームページのどこに料金が載っているのかわかりずらい
  • コースがいくつもあり、どこを見ればいいかわからない
  • そもそも通信講座の会社が多くて比較検討ができない
ハロウ先生
ハロウ先生

実際に私が調べてもわかりずらい!!

ということで今回は通信講座8社の「費用」のみに着目して料金の安い順にオリジナルのランキングを作成しました。

通信講座選びは内容も大事ですが、費用も決定する際の重要なポイントになると思います。

そしてこのランキングは以下のルールに沿って作成したものです。

ランキング作成のルール

  1. 初学者向けのコースである
  2. 通学ではなく、通信環境(Web・ストリーミング)で受講できる講座である
  3. デジタルテキストではなく紙のテキストを含んだ金額
  4. 初学者が司法書士試験の全教科を履修できて記述も習得できるコース及びオプションを選択した場合の金額を基準とする
  5. 割引や合格特典は考えないものとする(ある場合は紹介はしますが基準額にはしない)

他のサイトを見たときにこういった前提がない費用が掲載されており、それを鵜呑みにしてしまうと

もっと安いと思っていたのに

といった事態が生じかねないので今回オリジナルのランキングを作成しようと決意しました。

なので、他のサイトにあるような金額や順位ではないと思います。

しかし、わかりやすく簡潔に解説していきますので、是非最後までご覧ください。

なお、この記事を書いた私のプロフィールはこちらです。

それではランキングに行きましょう。

司法書士通信講座の費用を安い順にランキング8社

ランキングは以下の通りです。

今回の8社は、例えどこを選んでもしっかり学習すれば司法書士試験に合格できる質を有した上で実績・知名度のある8社に絞りました。

1位:フォーサイト

バリューセット 2024年試験対策(基礎+過去問講座)

107,800円

出典:フォーサイト司法書士通信講座

この講座を選んだ理由

フォーサイトの講座は、基礎講座と過去問講座のみです。

その2つを合わせたのがバリューセットで、それぞれ購入するよりも45,800円もお得です。

初学者であれば、どちらか片方にするのは学習に不足が出てしまうので、バリューセット一択です。

2位:スタディング

合格コースコンプリート+テキスト

121,000円(99,000円+22,000円)

出典:スタディング 司法書士講座

>>スタディングの評判は?

この講座を選んだ理由

スタディングのコースはこの4つですが、「コンプリート」がおすすめです。

「スタンダード」との違いは直前対策講座という論点予想があるか否かの違いですが、金額も約1万円の違いでそれほど大きくないので、初学者であれば「どういうふうに予想を立てているのだろう」という学びにもつながるので、受講する方が良いです。

3位:アガルート

入門総合カリキュラム/フル

248,000円

出典:アガルート司法書士講座HP

この講座を選んだ理由

入門総合カリキュラム(フル)は全ての講座と模試を含んだコースです。

ただ1点、月1回の定期カウンセリングのみが入っていないのが他のコースとの違いですが、上記の表を見てもらうと分かるように月1回の定期カウンセリングの有無で10万円の差が生まれます。

つまり定期カウンセリングをオプションと考えた場合に、10万円でつけるかどうかということになります。

これについては、私は不要であると考えます。

なぜなら月1回のカウンセリングなら少々高いと感じるからです。

なので、今回は司法書士試験を合格するために最低限必要であるものと考えた時には、定期カウンセリングがないコースで基準額を決定しました。

4位:東京法経学院

新・最短合格講座総合コース

346,500円

出典:東京法経学院 司法書士講座HP

※【B】のコースを基準にしました。

この講座を選んだ理由

東京法経学院は通信講座の場合はこちらの講座のみとなります。

受講タイプとしてはMP4ファイルだと音声と動画を視聴できるので(MP3は音声のみ)、こちらがおすすめです。

また、合格者への全額返金にも対応しているので、東京法経学院の通信講座であればこれ一択です。

5位:LEC東京リーガルマインド

新15ヵ月合格コース<秋生>スタンダード通信

479,700円

この講座を選んだ理由

LECの初学社向けのコースは3つありますが、この「新15ヶ月合格コーススタンダード通信」が1番基本のコースになります。

他の2つのコースはこの基本コースをプラスするような講義が含まれます。

しかし、このスタンダードコースだけでも内容は十分であり、それ以上に関しては取らなくてもOKだと思います。

6位:クレアール

合格目標合格ルート1.5年スタンダードコースWeb通信

480,000円

この講座を選んだ理由

クレアールの基本コースはこのコースのみとなります。

オプションは存在しますが、取らなければいけないわけではないので、こちらの基本コースのみで十分なので、わかりやすい料金体系です。

7位:伊藤塾

スリーステップコース

499,000円

この講座を選んだ理由

伊藤塾の初学社の1番基礎となるコースです。

必要十分な講座が揃っているので、こちらのコースを選べば間違いないです。

8位:TAC(早稲田セミナー)

20ヵ月本科生〈入門総合本科生〉Web通信講座

539,000円

この講座を選んだ理由

早稲田セミナーは入門コース山本オートマチックコースがあります。

山本先生のオートマチックは業界では有名なメソッドですが、完全初学者向けではないので、初学者であれば入門コースがおすすめです。

司法書士通信講座の相場

通信講座の費用を8社ご紹介したので、平均値を取ると相場が出ます。

司法書士通信講座の相場は以下の通りです。

司法書士通信講座の相場:352,625円

通信講座も値段にかなり幅があるので、相場をとるとこの金額になります。

今回ご紹介した以外にも自分が気になる講座があったらこの相場を参考にしながら決めてみてください。

ハロウ先生
ハロウ先生

今回のランキングの1〜3位までが相場よりも安いよ!

まとめ:値段を考慮しつつ後悔のない講座選びを

今回は司法書士の通信講座を安い順にランキングにしました。

講座選びは内容も大事ですが、実際にどれくらいの金額なら出せるかというのも決定する上で非常に重要です。

今回ご紹介した8社はいずれも知名度のある通信講座なので、実際にどれを選んでも司法書士試験に合格できるだけの質は十分にあります。

安いと心配になるかもしれませんが、そもそも高い講座に入れば合格しやすいかというとそんなことはありません。

なので実際の講座選びでは値段も考慮しつつあなたが講座にどんなことを期待するかによって選ぶといいです。

講座に実績を求めるのか、有名講師で選ぶのか、テキストの見やすさ、講義時間の多さなど基準はたくさんあるので、今回ご紹介した8社については公式HPのリンクも貼っていますので、是非自分でも調べてみて、後悔のない講座選びの助けになればと思います。

なお、こちらの記事では忖度のないおすすめ順ランキングを発表していますので、是非合わせてご覧ください。

通信講座おすすめランキング

コメント